忍者ブログ
河合拓始のよしなしごと
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もしかいつまんで少し書くとしたらーー
原発事故のあと、否応なくさまざまなことに直面し考えさせられー
ひとつ大きく心底から言えることは、「自分はいのちの側にたって生きたい」ということだ。
コトバにすると臆面もないけれど、たぶんそうとしか言えないし、その言い方がいちばんしっくり来る。
いのちの側にはいない考え方や生き方が、世の中にたくさんあるー
自分も無意識・無自覚のうちにそうしてきたところがある。
原子力発電の推進は、いのちの側とは対極にある。
自分では、心情的には、反対の気持ちだった。だが、だからといって、具体的に反対することなど何ひとつしてはこなかった。結局のところ、それは容認していたことと変わりはない。
自分がどちらの側に立ちたいのか、自問してみれば、ぼくにとっては答えは明らかだ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
プロフィール
ウェブサイト:
職業:
音楽家
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(03/25)
(03/22)
(01/29)
(01/29)
(10/11)
最新トラックバック
ブログ内検索