忍者ブログ
河合拓始のよしなしごと
[83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

公魚(わかさぎ)は、ポチョ☆ムキンコさんと、柿野ぱち子さんによるユニット。
彼女らが季刊誌(紙媒体。ミニコミ的なもの?)も発刊するとのことで第一号に寄稿させていただきました。
拙文は、夢の話のようなものです(実際に見た夢ではなく作り話)。

★「季刊公魚・第一号」
内容はーー
巻頭詩みなしご(詩:ムキンコ、絵:ぱち子)
公魚インタビュー
米本実(公魚プロデューサー)インタビュー
公魚1STアルバム「公魚」楽曲解説/架神恭介
赤い川の流れるほとりで自転車行商のおじいさんから真っ青な羊羹をもらう話/河合拓始
米本実の城東インベーダーズ 第一回「街角のポエム」/米本実
連載小説カキノパチダ(一)/柿野ぱち子
[研究ノート]モートン・フェルドマンのペインター・ピース/高橋智子
公魚録

発刊は2月5日。下記イベントに合わせて、会場で販売されるとのこと。
イベントともども、よろしくお願いします。

==========================
★2011年2月5日(土) 18:30開場 19:00開演 
第1回公魚企画「大里俊晴/リュック・フェラーリ生誕記念~電子音楽祭り!」
会場:アップリンク・ファクトリー(渋谷)

【企画・出演】
公魚 (呪いの発狂フォークデュオ兼音楽学者/ポチョ☆ムキンコ[高橋智子]、柿野ぱち子[渡邊未帆])
【ゲスト】
美川俊治(Incapacitants)
鈴木治行(作曲家)
米本実(電気音楽家)

曲折と混交を極める音楽史。気鋭の音楽学者としても活動する呪いの発狂フォークデュオ「公魚」(わかさぎ)が、世代論やジャンル論だけでは語り切れない日本の音楽の歴史と現在の一端を、実演とトークを交えて斬る。第一回目は、ゲストにIncapasitants/非常階段の美川俊治氏、作曲家の鈴木治行氏、自作電子楽器創作家の米本実氏を迎え「電子音楽」をテーマにそれぞれの音楽観に踏み込む。奇しくも2月5日は音楽学者/ロックミュージシャンの大里俊晴とフランスの作曲家リュック・フェラーリの誕生日。このイヴェントを今は亡きふたりに捧げる。 公魚の2ndアルバム『ハイパー公魚』のレコ発!

料金:予約¥1,500、当日¥1,800(予約ともに1ドリンク別¥500)
詳しくは:http://www.uplink.co.jp/factory/log/003842.php
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
プロフィール
ウェブサイト:
職業:
音楽家
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(03/25)
(03/22)
(01/29)
(01/29)
(10/11)
最新トラックバック
ブログ内検索